エリンのお宅訪問                                     「陶芸家と暮らす薪ストーブ(砥部町 武田さま邸)」

エリンのお宅訪問、第二弾は

先日、「ひつじ干支展」が大盛況のうち終わった、陶芸家武田さま邸♩

よの陶房」という屋号で、窯を持っています。

 

この日は暖かい日だったので油断していましたが・・・

やっぱり砥部の山手側は寒い!!!!

だからこそ、薪ストーブが似合いますね^^

 

01

さっそく、おうちの中に入ると・・・

ありました!!!

大容量の薪ストーブが♩

 

この日は、「ひつじ干支展」の前日。

手伝ってくれるスタッフへの“まかないカレー”がコトコト煮られていました。

 

「去年は、この薪ストーブでたくさんお料理して、みんなで楽しんで、

本当にたくさんの人を幸せにしてくれたよ!」と武田さん。

 

それを聞いて思わず涙ぐむノアちゃん。

ノアちゃんが一番やりたいことは

“薪ストーブを通してみんなが幸せになること”なんだ。

 

02

10年来、ずっとずっと薪ストーブをおうちに付けたかったという武田さん。

知り合いの大工さんの力を借りながら、

自分たちで、屋根に天窓をつけ、床もはり、お家を今の形に改築したとのこと。

付けたい場所は屋根の棟が近く、柱の位置も難しいため、

どの薪ストーブ屋さんをあたっても、断られていたそう。

「玄関になら付けられる」と言われたこともあったけれど、

やっぱりリビングに欲しい!

と諦めずに、夢を叶えてくれる薪ストーブ屋さんとの出会いを待っていたのだとか。

 

そこで、出会ったのがノアちゃん♩

章愛建設さんの記事にも出てきましたが、

アローフィールドには、熟練された屋根専門の板金職人さんがいます!!!

「確かにこの屋根は難しい・・・。でもできんことはない!」

とチャレンジしてくれたんだよ。

03

そうして、職人さんのプロフェッショナルなワザで 取り付けたのが

このストーブなのです!!!

04

武田邸には、作品のモチーフにもなっている2匹のにゃんこが居るのですが

薪ストーブがおきにいりで、いつも火にあたりにやってくるとか!

05

この姿を見て癒されている武田さん♩

やさしい笑顔です^^

06

じゃじゃーん!

こちらが、「ひつじ干支展」の作品たち。

展示会は明日からのスタートなのに、なんと半数以上が売約済み!!!

 

毎年定期的に開催しているこの干支展。

武田さんファンが、1年前から予約したりしているんですって!!!

07

他にも、羊が一匹と言いたくなりそうな、大小セットの可愛いひつじご飯茶碗なども。

実物はもっと緑が濃く、ご飯の白が映えます。

さらに、ご飯を食べ終わると底に隠れていたひつじさんに会えるという

遊び心に溢れた素敵なお茶碗です。

 

作品の一つひとつに武田さんらしさがあって、

使うと武田さんの笑顔が思い浮かぶようなそんな作品。

だからこそ、ファンがたくさんついてらっしゃるんでしょうね。

07

「同じうつわでも、そのおうちごとに、色合いやかたち、

うつわがそのおうちらしくなってくるんです。

そのおうちの顔になるんです。

それを楽しんでほしい。

普段のくらしに、よの陶房のうつわが仲間入りして

笑顔が増えると嬉しいです。」

 

そんな武田さんの言葉に大きくうなずくノアちゃん。

「薪ストーブも同じ!そのおうちの顔になっていくのが、本当に嬉しい!」。

 

08

そんな会話をかわすふたり。

うつわも薪ストーブも、

作り手や売り手の想いがこもった、

あたたかいものを選びたいなと思ったエリンだったのでした♩

 

 

 

カテゴリー: エリンちゃん日記, 施工例   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>