ゆるむ東温 「赤毛のアンの世界を楽しもう!」 №3

こんにちは。

「赤毛のアンの世界を楽しもう!」のご報告第三弾です。

今回は、当時のレシピを参考に、みなさんでお菓子作りに

チャレンジしていただき、召し上がっていただこうというプログラムです。

可愛い台座に乗ってやってきたのは、たくさんのハートの形に焼かれた

お菓子です。スコーンとクッキーの間、のような懐かしい食感です。

アローフィールドのスタッフKさんが、この日のために焼いてくださいました。

感謝です。

IMGP6473

続いて大きなイチゴが運ばれてきました。

IMGP6483

「?」と思っているうちにチーズケーキをカットされたものがお皿で来て

ハート形のお菓子をそこへ乗せてフォークで半分に割るらしいです。

フムフム。

IMGP6484

なるほど、イチゴちゃんもフォークの背で細かく潰すんですね。

で、こんな風に乗せるのか。あらいい感じ。

IMGP6485

 

作っている様子は、始終和やかですよ~。

IMGP6477

わくわく、もうすぐ完成です。

粉砂糖をパラリとかけると・・・、

 

IMGP6486

あらら~、本当に美味しそう!

 

 

みなさん、感激の内に、暖かい東温市産のハーブティーと一緒に

楽しく召し上がっていただきました。

さて、お次は「赤毛のアンの時代」に触れよう、という

プログラムです。

蜜蝋を使った、リップバームを作ります。

 

講師の方にご指導を受けながら、みなさん真剣です。

ホットプレートの上に、容器を乗せ、蜜蝋を入れて溶かしてゆきます。

IMGP6481

そこへお好みの香りのエッセンスを入れ、オリジナルのリップバームが出来上がってゆきます。

IMGP6480

リップの容器に入って、自分だけのリップバームが完成しました。

IMGP6482

ナチュラルで素敵ですね。

いい香りがするんだろうな~❤

 

という訳で、「赤毛のアンの世界を楽しもう」の

プログラムの様子をご紹介させていただきました。

カテゴリー: STAFFより, お教室&イベント, 東温市のええとこみつけた, 薪ストーブカフェ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>